著作権とリンク スタッフ お問い合わせ 広告掲載

戦国ランス

Review Select:  Suno  天城螢 
ALICESOFTWindows98/Me/2000/XP800x600
パッケージ版:8500円(税別)
ダウンロード版:6800円(税込)
1Play30時間属性:国盗りSLG
難易度:102006/12/15発売オススメ:☆☆☆☆☆

Twitterでつぶやく

戦国のJapanを鬼畜パワーで統一!

大陸の東の端にある島国、Japan。ゼスでの事件を解決したランスは、奴隷のシィルと共にJapanにやって来ていた。目的はもちろん美しいと評判のJapanの女のコとヤリまくること。そんなランスは織田家当主、信長と知り合い、織田家を率いて戦国乱世のJapanを統一すべく戦いを始める!

©ALICESOFT

タイトルは『戦国ランス』となっているけど、実質はランス7。ランスシリーズといえばRPGのイメージが強いけど、今作はマルチエンドの国盗りSLG。マルチエンド国盗りSLGといえば『鬼畜王ランス』と同じだけど、決定的に違うのが、真のエンディングはこれだというのがハッキリと示されている点。『鬼畜王ランス』では全てのエンディングが同等の扱いだったため、それ以降の作品の整合性を考えて番外編とせざるを得なかったわけだけど、『戦国ランス』では正史ルートというのがあるので、そういう心配は無用。ちなみに正史ルート以外にifのルートとして、上杉謙信ルート、山本五十六ルート、南条蘭ルートの3つのルートがあって、最低でも4回はプレイしないとゲームコンプリートは不可能。かなり時間はかかるけど、それぞれストーリーは全くの別物になるので、最後まで飽きずにプレイできた。個人的には上杉謙信がお気に入りなので、特に謙信ルートが好きだけどね。

アリスの国盗りSLGというと、『大悪司』や『大番長』などがあるけど、これらの作品は内政もプレイヤーが管理しなければならなかった。だけど、このゲームの主人公はランス。内政なんて知った事じゃないとばかりに暴れ回るので、プレイヤーは戦闘だけに集中できるようになっている。これは全てを自分で管理したいというプレイヤーには物足りないかもしれないけど、ゲームをシンプルにするという面で正解だったと思う。シンプルといっても、行動回数の制限はあるし、イベントも非常に多いのでやり込み要素は充分で、国盗りSLGが好きな人なら満足度は非常に高いはずだ。難易度はかなり高く、SLGに慣れていない人だと投げ出したくなるレベルではあるんだけど、ゲームオーバーになった場合は難易度を下げてリトライするなどの救済処置もあるので、諦めずにプレイすれば光明が見えてくるはず。SLGに慣れている人でもプレイ方法を変えたりして、1カ月くらいはこれ1本で楽しめるんじゃないかな? もちろん、数多く用意されているイベントはほぼHシーンばかりと言っていいくらいなので、エロも充分に満足できたし。

©ALICESOFT

非常に完成度が高いゲームではあるけど、不満点もいくつか。まず第1に、細かいバグがあること。メッセージスキップが効かなくなったり、パラメータがおかしい点が見られた。致命的なものはないけど、気になり出すときになってしまう。第2に戦闘などのエフェクトがカットできないこと。短時間でクリアできるゲームなら問題ないけど、これだけプレイ時間が長いゲームだとエフェクトが苦痛になってしまう。第3に過去のランスシリーズをプレイしていないと意味不明のイベントがあること。ランスシリーズは息の長いシリーズだけにたくさんのキャラクターが登場しているけど、それらのキャラクターがなんの説明もなく登場してくる。他国から援軍を呼ぶときに、アニスが来たらどうしよう…とランスが心配するシーンがあるけど、これは『鬼畜王ランス』か『ランス6』をプレイしていないと意味がわからないはず。冗長になりやすいキャラ説明を省いているからゲームのテンポが良くなっているという面もあるから一概には言えないけど、もうちょっとプレイヤーに配慮があっても良かったんじゃないだろうか。第4に音声がないこと。今時音声無しというのは寂しく感じられてしまう。シリーズのファンにとっては、キャラのイメージに合わない音声を付けられるくらいなら音声無しの方がいいという面もあるから、音声無しが間違いとは言い切れないけどね。そして第5の問題点。ゲームに夢中になりすぎて、睡眠時間が果てしなく削られてしまう。適当なところでセーブをして翌日に続きをすればいいんだけど、止められない止まらないで、ついついプレイを続けてしまい、気がつけば完徹状態。これがこのゲームの最大の問題点のような気が……。

不満点はあるけれど、それを吹き飛ばしてしまうくらいに、圧倒的に完成度の高い一品。ランスシリーズのファンはもちろんだし、1つのゲームにじっくりとハマりたいという人には強くオススメしたい。逆にお手軽にエロシーンが見たいとか、キャラに萌えたいという人は地獄を見る可能性が高いので、手を出さない方が無難かな。このゲームとは直接関係はないけど、ランスシリーズは1作目の『Rance-光を求めて-』から『鬼畜王ランス』まではフリー宣言がされていて、フリーで入手可能。ランスシリーズを知らない人はまず、これらの作品をプレイしてみるといいだろう。特に『鬼畜王ランス』はシステム的に似ている部分があるので、迷っている人はまず『鬼畜王ランス』をプレイしてみるのがオススメ。

(by Suno)

ALICESOFTWindows98/Me/2000/XP800x600
8500円+税1Play30時間(初回プレイは50時間)属性:ファンタジー
難易度:82006/12/15発売オススメ:☆☆☆☆

Twitterでつぶやく

鬼畜なランスがJAPANで大活躍!

シィルと一緒にJAPANへ温泉旅行に来ていたランスは、織田家の国主である信長と意気投合し、信長に頼まれて軍団の指揮を任されることになった。内乱を鎮圧し、織田家の影番となり大きな権力を持ったランスは、周辺諸国へ侵攻し、織田家の勢力を拡大していくことになる。

©ALICESOFT

この『戦国ランス』は地域制圧型のシミュレーションゲーム。JAPANは31のエリアに分かれており、それぞれ戦国大名が統治している。1つのエリア内には2〜8の城塞があり、攻防戦で勝利した側が1つ城塞を奪うことができ、エリア内の城塞をすべて支配下に置くとそのエリアを占領することが可能。

戦闘は両軍とも前衛と後衛にそれぞれ最大3部隊を投入でき、軍団に指示を出して戦っていくことになる。すなわち一度の戦闘に投入できるのは6部隊までだ。武士や足軽などは近接戦闘しかできないため、敵の後衛を攻撃するためには敵の前衛を全滅させる必要があるので戦いの駆け引きが勝敗に大きく影響してくる。斥候を出して敵の部隊を把握するのも有利に戦いを進めるために必要となるだろう。織田家は武将を最大で30人(ランス自身を含む)までしか登用できないが、他国は60人まで登用してくるのでヘボい武将を雇っている余裕はない。もしや織田家が他国の半分しか武将を雇えないのはランスの傍若無人ぶりに対処するのに手間がかかっているからなのだろうか?

©ALICESOFT

基本兵種には武士、足軽、巫女、騎馬、鉄砲、弓兵、忍者、僧兵、軍師、陰陽の10種類があり、それぞれ特徴があるのでうまく使い分けていくことが必要だ。また武将には行動力、攻撃、防御、知力、速さといった戦闘用のパラメータや、探索、交渉、建設といった内政・外交用のパラメータがあるので、優秀な人材を確保できるとプレイが楽になる。ただし、多少能力が優秀であろうと、部隊の規模が小さければ大軍の前に押しつぶされてしまう。開発を行なって国力を高め、収入を増やして強大な軍隊を編成していかねばならない。

ちなみに、いくつかの大名家は魔人ザビエルが封じられた瓢箪を持っている。瓢箪を持つ大名家が滅亡すると瓢箪が割られ、魔人ザビエルが徐々に復活していくようにシナリオが進んでいく。攻め滅ぼさないでいても特定のターンに瓢箪が割られ、どんなに遅くても魔人ザビエルは90ターンには復活してしまうので注意が必要だ。ザビエルが復活するとザビエルを倒すまで他国へ侵攻できなくなり、他国と交戦中だと迎撃しかできずに一方的に攻撃されてしまうので計画的なプレイが必要となるんじゃないかな?

ランスシリーズとしての公式なエンディングへ向かう正史ルートのほかに、山本家再興を目指す五十六ルート、帝を目指して戦う謙信ルート、鬼との戦いとなる蘭ルートが用意されており、まったく異なるシナリオの各ルートを楽しめる。正史ルート以外に突入すると、画面右下のRance VIIRance VII ifへと表示が変わるのが細かい演出ながら好感を持てた。それから、1.02以降のパッチを当てているとザビエルが復活しない猿殺しルートもプレイが可能となる。猿殺しルートだと魔人イベントに急かされることもないので、全国制覇を目指してじっくりプレイしたいという人には嬉しいルートだと思う。また、同様に1.02以降のパッチを当てていると全国版というモードが選べるようになる。こちらはプレイヤーが織田家以外でプレイすることができるモードで、好みの国でプレイできるというのが嬉しい。やり込みで高難度プレイを目指すならばぜひ初期国力1の巫女機関でプレイしてみてほしい。かなりスリリングな序盤の展開を体験できるはずだ。

©ALICESOFT

ただ、この作品は難しいというよりもゲームバランスが悪い(もしくは調整に問題がある)のではないかという印象だ。やり込みが前提になっているためというのもあるんだろうけどね。繰り返しプレイをすると徐々にたまっていくポイントを使えばゲーム開始直後から使えるようになる各種アイテムやボーナスキャラ、内政ボーナスなどがあるんだけど、それを使った状態を前提にゲームバランスが調整されているように感じた。ポイントは難易度標準(初回プレイは標準に固定)だと60点、難易度★だと120点、★★だと150点、★★★★★だと200点でゲームが始まり、1ターン経過するごとに1点減点されていく。早くクリアしないとどんどん得点が減っていくのだが、おそらく初回プレイでは得点がプラスのうちに終わらせることは困難だろう。マイナスにはならないので、0点より減ることはない。ちなみに0点でエンディングに到達しても初回プレイでは正史ルートクリアとなり、ルートクリアポイントが5ポイント得られるので、2周目は少なくとも5ポイント持って開始できる。初期国力アップや追加キャラや各種アイテムを吟味して一番役立ちそうなのを選べば2周目のプレイが微妙に楽になるだろう。実際には2周目のクリアでもあまりポイントは得られないと思う。ゲームに慣れてくる3周目あたりでようやく50〜60点を保持した状態でクリアできるんじゃなかろうか。それだけのポイントがあるとかなりプレイが楽になるアイテムを開始時から持てるし、初期国力を高くしたり所持金を増やしたりできるので、だいぶ美味しい状態で次のプレイが可能となるはずだ。よって、4周目か5周目ぐらいからはかなりポイントが貯まっていて難易度が下がるのだが、正直いってこの作品が始めてプレイするエロゲーというユーザーだったりすると難しさにめげてしまい挫折するんじゃなかろうかという気がしてならない。

また、ゲーム終盤に魔軍に登場する魂縛りは結構意地悪で、敵から攻撃を喰らうと喰らったダメージだけ部隊の人数上限が減少していく。500のダメージを喰らったら部隊人数の上限が500下がってしまうというわけだ。アイデアとしては面白いんだけど、あまりゲームに時間を割くことができない人たちにはかなりやっかいな設定なんじゃないかな。そのあたりで燃え尽きてしまっている人もいそうだ。従来からアリスソフトのゲームをプレイしているコアなファンにはたまらない面白さがある魅力的な作品ではあるが、新規のユーザーやライトユーザーには残念ながらあまりお薦めできるものではないかもしれない。まとまった時間を取れる人にはかなり楽しめる作品なのは確かだけど。でも、繰り返しプレイでやり込ませるタイプのゲームにしては中途半端に感じる部分もある。登場キャラが幸せになるとキャラクリとなって強くなったりするが、その効果は次のプレイへ持ち越すことができない。そのため、キャラクリをがんばろうという意欲がイマイチ沸かなかった。主要キャラにキャラクリがなく、サブキャラっぽい扱いのばかりにキャラクリがあるというのも少々ネックになっていそうだ。

©ALICESOFT

ちなみに、マニュアルはオールカラーで80ページとなかなかのボリューム。なんというか設定資料や原画、ランスシリーズの世界観などは嬉しいんだけど、ゲームのシステムの説明がイマイチ不足気味で戸惑うかも。迷宮探索で「さがる」って効果は何だろう……と探してもマニュアルに記載がないし、ほかにも内政で臨時徴収とかどういうデメリットがあるのか調べようとしてもマニュアルに載っていないという具合で、本来あってしかるべき説明が記載されてないんだよね。プレイ中に疑問に感じてマニュアルを調べると該当なしみたいな感じで、ゲームのシステムを理解するまで少々時間を余計に消費にしてしまった気がする。でもありがたい部分もある。マニュアルの「これまでの物語」では過去のシリーズ作品でどのようにランスが活躍していたのか、作品ごとのストーリー紹介に5ページを割いていたのはかなりよかった。さすがにシリーズ初期の頃の作品はもう記憶が曖昧だし、今さらプレイし直すというのも時間的に難しいというのがありますからね〜。「あぁ〜、そうだったな〜」と記憶が甦ってきて、マニュアルの中で一番役立ったかもしれない。

まあ、ゲームに慣れるまでにちょっと時間がかかるのとハマリがあってやり直しになる可能性もあるが、結論としては少々やっかいだがまとまった時間を確保できる人ならばかなり楽しんで遊べる作品だといえる。なにぶんファーストプレイではエンディング到達までに50時間ぐらいかかってしまったから、時間は確実にかかるんじゃないかなー。でも中毒的な面白さがあるかと。音声はないけれど、そんなことが気にならないほど熱中できるゲームだ。買って損はしない作品であることは間違いない。

なお、個人的な疑問点としては、ランスが要請した援軍はどのようにして織田家の勢力圏まで移動してきたのかというのがあった。序盤の大陸との間にある勢力が中立の状態はともかく、後半の敵対中の状態は……まさか敵中を強行突破してきているのだろうか? 大陸の大国へケンカを売るのは得策ではないとはいえ、みすみす通過させては脅威になるわけで。忍者や親衛隊はともかく、魔法部隊や砲兵部隊は単独で突破できるとは思えないだけに気になったなぁ〜。

あと、登場キャラで意外によかったのは阿樹姫。浪費癖のあるわがままお嬢を武将にしたら熱心に巫女隊の役目や戦い方を学んでいてそのギャップに驚かされた。まあ能力的には使えないんだけどさ、そこがまたイイというか。おバカなキャラほど可愛い……!?

(by 天城螢)

この作品のダウンロード版の購入はこちら ⇒ DMM

ゲーム

愛妻淫虐オークション〜借金返済に充てられて…〜

憧れのお母さん

イキジゴク

悪戯睡眠孕ませレイプ(同人)

妹と幼馴染みの性奴指導〜これ以上中に出すのはやめて!〜

(に)交姦(される兄)の会

淫交倶楽部

淫母乱乳相姦〜ボクの精子で、ママを一杯にしてあげる〜

ヴァルプルギス

おっぱい戦争〜巨乳VS貧乳〜

お姉ちゃんメイドのご奉仕タイム〜秘密なんだからね〜

思いっきり!精液大量注入!〜高飛車女をアヘらせろ!〜(同人)

オレの姉ちゃん。〜オレは姉ちゃんのオモチャじゃないっ!〜

女戦士セラスは踊り子に転職した!〜は、恥ずかしくて死んでしまいたいッ…エッチなダンスなんて誰がするか!〜

学園3〜華麗なる悦辱〜

籠の中の彼女

姦交バスツアー〜色情に染められた花嫁〜(同人)

姦獄学園〜学園公認、恥辱の課外授業〜

危険日狙って!?孕ませ学園(同人)

巨乳魔女

キラリ南国小麦色〜潮吹きパラダイスへようこそ!〜

軍人少女の子作り任務〜ハレンチな!…う、上官命令なら…貴方の精子で子宮を撃ち抜いてください!〜

このわたくしが…こんな触手で絶頂いくなんて! 〜触手びしょ濡れ高慢JK・杏珠(同人)

催眠コスプレ広場

催眠日記(同人)

JKと淫行教師3〜万引き少女編〜

JKと淫行教師4〜なまいきモデル少女編〜

じゅーしぃエイジ

娼母清華〜背徳の交わり〜

触囚の巫女〜禁じられた姉弟触手交歓〜

処女狩り〜ロリータ少女の極姦市街地〜(同人)

新婚寝取られ生活〜ごめんなさい、あなた。婚約、結婚、出産、ずっと私はおじさんに…〜

侵蝕3〜淫魔の生贄〜

すぷらっしゅ!-Splash!-

性器雇用〜製薬会社の新人狂育「一日一錠、わたし身も心も捧げます!」〜

性処理くらぶ2〜コスって伸びる新人教育〜

性癖操作〜こんなコト、大ッ嫌いなはずなのに…!〜(同人)

セックスライフ〜SEX LIFE〜

町内会主婦レイプ〜会合で酔わされて代わる代わる犯されました〜(同人)

でれ♥スク

天然巨乳ドジっ娘ナース!〜毎日甘エロッ! 中出し看護ライフ♪〜

奴隷島-Slave Island-(同人)

中出しスパイの挿入捜査〜子宮の平和は俺が守る!〜

贄妻〜夫に裏切られたワタシ〜

贄姫〜戦国姦落絵巻〜

肉獄のヘミ〜触髪と子宮蟲の快楽に堕ちたバウンティハンターレビアンナの運命について

のーぱんつ!!

ぱいずりチアリーダー VS 搾乳応援団!

HOUND〜獣欲の買収者〜

はなひらっ!(同人)

BUNNYBLACK

姫神さまが両親を人質に孕ませろと以下略。

姫剣士エステル〜孕ませ王2〜

ポヨポヨおっぱいさま〜

万引き、ダメ。絶対!!〜清楚な万引き女子・クラス全員2本挿し!ダブルω計画〜

未亡人 沙苗 「私が初めてでいいの……?」

女神とLOVE!〜5人の女神様とイチャハメ孕ませ新婚生活♪〜

もっと 姉、ちゃんとしようよっ!

野獣教師

浴衣の下は…〜神社で発見! ノーパン少女〜(同人)

楽園のルキア

らぶいも〜お兄ちゃんエッチしよ〜

LILITH-IZM05〜大量射精編〜


ALLゲーム記事一覧

△ ページ上部へ戻る △